パトロンを探すことに成功した幼馴染から、相手募集の方法を詳しく教わることができて、すぐに私も出会い系を使うことにしました。
幼馴染が言うところのパパ活サイトに登録し、パパ募集を始めることにしたのです。
登録して分ることはとてもユーザーが多いこと、幼馴染ないって言った通りでこれだったら目的の人探しができそうな雰囲気でした。
期待に胸を弾ませながら、言われた通りに『シングルマザーの私を応援してくれる男性と食事がしたい』と掲示板投稿をしたのです。
これだけのユーザーがいるのだから、食事パパというのは確実にいるはずですからね。
メール交換をはじめたら早めに無料通話アプリを交換することにして、男の人からのメッセージが届くのを待つことになりました。
やっぱり利用者が多いから私のメッセージを見て、メールを送ってくれる男の人たちが現れだしてきました。
ワクワクしながらやりとりを開始、そして無料通話アプリで金銭的交渉をしていきました。
53歳で会社経営をしているという社長とLINEで話してたのですが、試しに1回2万円で食事に付き合って欲しいと言われました。
会うだけでも支払うと言う事で、待ち合わせすることになったのです。
セックスなしも確約してくれていましたから、できれば継続契約してほしいと思いつつ会ってみたのです。
食事の最中はシングルマザーの私の生活のことなどを聞いてきて、「苦労しているんだね」とねぎらいの言葉もかけてくれました。
「月に2回程度、1回2万円の支払いで契約してみないか?」
そう言われた時は体が震えるような思いでした。
ぜひお願いしますと言って契約して頂くことにしたのです。
教えてもらった出会い系PCMAXで、最初のパパをみつけて契約できてしまいました。

 

女性は完全無料定番サイト男性だけ有料
パパ活サイトBEST5
パパ活の成功者に教わったサイト